top of page

テキトー母さんのすすめ


この本は、お子さんのモチベーションに課題がある中で、お母さんが心配しすぎだなと感じた時におすすめしている本です。

何がいいのか?

お母さんがテキトーに対応することと、子どもの自立には関係があって、それを具体的に説明しているからです。

アドラー心理学にも通じるところがふんだんにあります。

例えば、

「エライね」「お利口だね」と言わない

というのがある。

子どもが食べ終わった食器を自分で洗い場に下げた時、「エライね」「お利口だね」と言いがちです。

テキトー母さんは、このようなとき

「わあ、ありがとう!母さん助かる~。これでゆっくりドラマが見られるわ!」