top of page

サンマ 秋刀魚


秋刀魚の季節ですね。子どもの時、感心した覚えがある。今でも時々あるかな?漢字の作り方が見事だと思うことが。

漢字に驚いた言ことではなく、今日、調べて驚いたのはサンマが不漁だということだ。

中国や台湾、ロシアが乱獲しているから取れなくなっていると思っていたが、反論している人がいた(NHKでも報道されたのを覚えている)ので、検証してみた。

反論はこうだ。サンマ自体の漁獲量が減少しているからだと。ほかの国も不漁だと。

ん?

何かしっくりこなくないですか?

そうなんです。なぜ、不漁なのか?という疑問に答えていません。

もう一つ気になったのは、中国よりも台湾の漁獲量が多いということ。台湾は残念ながら、日本は国として承認していません。中国との関係が強く、漁獲したサンマを大量に中国に輸出している。

漁師からしてみると、高く売れた方がいいわけで、市場原理が働いているといえる。

サンマ漁は、EEZ外で出来ることもあり、国際問題にはならない。難しい問題というわけだ。

さらに、中国、ロシアが漁獲量を正しく発表するはずがない。GDPですら不正確なのだから。

私が憶測で言っているのではない。中国の首相 李 克強が言っている(笑)

「中国の地方政府の数字はあてにならない」と。