Recent Posts
Join My Mailing List

海賊とよばれた男


百田尚樹 著

読んでからしばらくたちますが、もう一度読みたい本の中の一つです。

推奨図書的に、興味がある人たちには積極的に薦めている。

物語は、敗戦直後から始まる。そして、過去に戻って状況の理解が出来るようになる。その時々のエピソードが続く。

戦争の悲惨さも描かれている。

百田尚樹さんと言えば、「永遠の0」で作家デビューして、今や売れっ子作家さんになっている。

「永遠の0」誕生エピソードは、「戦争と平和」の本の中で語られていてとても興味深いので、興味がある方はぜひ読まれてみてください。

趣味が読書と言えば聞こえがいいかもしれませんが、私の中では、情報を得る手段の中の一つという位置づけかと思っています。

Youtubeもよく見ますし(笑)

確かに、ネットでは信ぴょう性が怪しい情報も少なからずあります。また、変な方向にもっていくようなチャンネルもあります(笑)

さて、本を薦めるときには、その理由があります。なければ薦めませんね(笑)

百田尚樹さんが、この本を書かれた理由(テーマ)があると思うのですが、推測してみました。

・人生とは何か? 一つの生き方

・信念、志

・仲間

・戦争

この本を読んでから時間がたちますが、いまだにすぐに思い出すエピソードがいくつかあります。

・石炭の時代に石油がメインになることを感じた先見性

・オイル調合の研究に没頭して得たこと

・次の展開をイメージする想像力

・信念から発せられる言動に、周りの仲間たちがより強くなっていく

・晩年に自分がしたかったことが少し出来るようになり喜べるが、何よりも仲間を大切にする気持ち、喜びの方が大きい

ちなみに、先日ブームになった将棋の藤井聡太四段が一番好きな本は、「海賊とよばれた男」と言ってました。

彼とはきっと気が合うだろうなと思いました(笑)

良い本との出会いは、素晴らしい人との出会いと重なるものがありますね。