top of page

なぜ間違えたのか⑤


第五弾

今回は、「サンクコストのワナ」

なぜ、「もったいない」が命取りになるのか?

というお話

「サンクコスト」とは、「埋没費用」とも呼ばれ、「もはや回収できない費用」のこと

投資や投機において、これまで投入してきた時間、お金、エネルギー、愛情が大きくなればなるほど、その状況から抜け出せなくなるというものだ。

この本の例では、持ち株を売却するタイミングを逸してしまうと。

例えば、100万円で購入した株

90万円に価値が下がりました。

普通なら、売却して損失を10万円にとどめますよね?