Recent Posts
Join My Mailing List

なぜ間違えたのか⑮


第十五弾!

今回は、「お抱え運転手の知識のワナ」というお話

~なぜ、「わからない」と正直にいえないのか?~

「お抱え運転手」とは、知ったかぶりをする人の事だそうだ。自分を実際以上に誇示する人であると。

その人は、魅力的な声の持ち主であるかもしれないし、説得力があるように見えるかもしれない。しかし、そういう人がまき散らす知識には中身がない。雄弁ではあるが、空虚な言葉ばかり使う。

とある。

本物の知識を持つ人は、知らない、分からない事は、「知らない」「わからない」と言う。もしくは発言はしない。

確かに、私が人を観察するときは、これを意識せずに用いていたかもしれない。知らないことは、知らないので教えてもらえますか?と聞く。

聞いた後、自分が認識した内容を伝え、ずれがないかを確認している。自分の知識が増えるので、私もうれしくなる。

話している相手も、話したい内容の様で、嬉しそうに話してくれる。

「しったかぶり」「プロパガンダ」「偏向報道」などの共通点がある。誰が指摘していたのかは忘れたが、少なくない人たちが同じことを言っているので、間違いないと思う。

それは、何か?

言葉の「定義」だ。

言い換えると「共通認識」という人もいた。同じ言葉でも互いに違う意味で使っていると会話にならない。

 上念司さんが言っていたのは、プロパガンダを言う人の煽り文句は、言葉の定義が曖昧(あいまい)もしくは、基準がない。

話に合ったのは、「国際競争力」

よく聞く言葉だ。

ここでいう国際競争力とは何か?定義がない。

日本のことを考えると、「技術力」がある。

だが、技術力を計るものはない。しいて言えば、スーパーコンピュータの性能がある。確かに、日本は、スーパーコンピュータの速度は世界一であった。

後に、中国に抜かれるが、、、

では、日本は技術力が中国よりも下でしょうか?

それは断定できません。

自動車の販売台数は、中国には負けていません。

ますます、「国際競争力」がわかりませんね?

つまり、ふんわりとしたイメージでしかないのです。

そういえば、わかったような横文字をよく使う人がいましたね。ワイズスペンディングやら、サステイナブルな社会づくりとか(笑)

ワイズスペンディング(賢い支出)を言うなら、東京都の支出をWeb上で公開し、支払先を明示しておけば、気になった人がそこに問合せできたりする仕組みを作りなさい。

サステイナブル(持続可能な)な社会づくり

まず、お気づきのように、形容詞に「な」をつけると「持続可能なな」になります。どうせ、英語を使うなら、

Making sustainable society メイキング サステイナブル ソサイエティ

まで言えばいいのにとさえ思う。一部分だけ使うからおかしい。

おわかりいただけたでしょうか?

信用できない人は、意味が不明確な言葉を使います。

本当に、相手に伝えたいことがあるなら、言葉を慎重に熟考して選ぶものです。そこに気が付くと、信用していい人かどうかが分かるようになります。

私は、そこに気が付くのに時間がかかったなぁとしみじみ思いますΣ( ̄ロ ̄lll)


お問合せ
​右記 お名前、メールアドレス、件名、メッセージをご記入の上、Sendボタンを押して送信してください。
​ お子様の状況について、まずはメールにてご相談ください。
​ お電話でのご相談もお受けいたしております。

兵庫県三木市緑が丘町東1丁目9-31

(オンライン学習ですので、場所は問いません)

電話:090-8973-2566

mail:zvm00435@nifty.com

LINE:zvm00435

  • スカイプでのオンライン学習を行う【大塚塾】のfacebookページ
  • 家庭教師による個別指導塾【大塚塾】のTwitter
  • スカイプ家庭教師【大塚塾】のInstagram
  • オンライン学習による個別指導塾【大塚塾】のYouTube
  • オンライン学習指導の家庭教師【大塚塾】のGoogle

お名前 *

メールアドレス *

件名

メッセージ

© 2023 by Personal Life Coach. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now