Recent Posts
Join My Mailing List

なぜ間違えたのか㉗


第二十七弾!

今回は、「ゼロリスクのワナ」

~なぜ、危険を徹底的になくそうとすると痛い目に合うのか?~

「ゼロリスクのワナ」とは、リスクが少しでもあると安心できず、膨大な費用、時間をつぎ込んでしまうことを言うそうだ。

それは、様々な場面で見ることが出来る。

そもそも、リスク「0」を人間は好むが、はっきり言って不可能だ。交通事故を「0」にするのは可能か?

不可能だ。

人間が運転している時点で、必ずエラーが発生する。

では、コンピュータが操縦する自動運転だと?

雷が落ちて、コンピュータが止まることもあるだろう。

つまり、交通事故一つとってもリスク「0」はあり得ない。だから、減らせるかもしれないが、いくらお金と時間をかけても「0」にできないものはできない。

面白い例がある。

アメリカだ。

発がん性実質を取り除け!という法律が出来たばっかりに、発がん性はないが、体に有害な物質が増えるという結果を招いた。

アメリカについては、言いたいことがいろいろとあるがここではやめておきましょう(笑)