Recent Posts
Join My Mailing List

なぜ間違えたのか㉚


第三十弾!

今回は、「ギャンブラーの錯覚のワナ」

~なぜ、「プラスマイナスゼロに調整する力」を信じてしまうのか?~

私たちは、「運命をプラスマイナスゼロに調整する力」が存在していると信じている。

例として、ギャンブルがあげられる。

ルーレットで、赤が連続して20回出た。次に出る目は赤か黒か?

ほとんどの人が黒にかける。

しかし、実際に黒が出たのは27回目だった。ほとんどの人が賭けに負けてしまった。

気温の変化のように、前日が記録的に寒くなった場合は、徐々に気温は上がっていくが、それは、気温は、前日と関係ないわけではないからだ。

ギャンブルでいえば、ルーレットの赤か黒かの確率はいつも50%は変わらない。

数学的には、「独立」と呼んでいる。

私は、よっぽどの暇とお金がないとギャンブルはしない。数学科出身という事が大きい。

長くギャンブルをすればするほど負けるから(笑)

運は、プラスマイナスゼロにはならない。

悪いことが起こった場合、それはずっと続くことはないけど。