Recent Posts
Join My Mailing List

なぜ間違えたのか㊻


第四十六弾!

今回は、「自己奉仕のワナ」

~なぜ、「成功は自分のおかげ」「失敗は他人のせい」と考えるのか?~

「事項奉仕のワナ」とは、成功は自分の功績、失敗は、他の外的要因などが原因という考えになることだそうだ。

良く、業績が良かった年のCEOは、戦略がうまくいったとか、たゆまぬ努力とか、自分たちの功績をほめたたえる。

が、しかし、不調の年は、不平等な関税が悪いとか、円高だったとか、貿易相手国だとかのせいにする。

たしかに、こういったことは良くありますね。

業績が良かった年も同じであるにもかかわらず(笑)

なぜか?

その方が、自分が心地いいからだそうだ。確かに。

自らへの貢献度は、高く見積もってしまうことを考えるようにしよう。