Recent Posts
Join My Mailing List

「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪(本)


小川榮太郎 著

百田尚樹氏、絶賛!

「これは凄い本だ!朝日新聞のおぞましさには身の毛がよだつ。」

最初から、疑惑などなかった。

朝日新聞は、疑惑に見せることが出来ると考えて、捏造を繰り返した。

朝日新聞の捏造は、そもそも今に始まったことじゃない。従軍慰安婦、福島原発事故、そして、今回の森友・加計事件

そういえば、サンゴに「KY」と傷をつけたこともあったか。自分で傷をつけておいて、「誰が傷つけたんだ!」と騒いだ。

さて、この本について、

事の顛末を根拠を示して説明してくれている。

森友事件の真相は簡単だ。不当に土地価格が割引されたという疑惑だが、財務局の不手際で、ゴミが埋まっている土地を籠池氏が購入し、後で問題が発覚。

籠池氏が、ゴミ処理費用分の値引きを要求し、財務局が応じただけだ。

罰せられるべきは、財務省。ただそれだけの話。

それを朝日新聞は、明恵夫人が名誉校長だったという事を理由に、値引きに関与したと捏造した。

何の根拠もないにもかかわらずだ。

加計事件も同じ手口

50年間獣医学部が新設されなかったのに、新設できたのは安倍首相が、友人である新設者に便宜を図ったと捏造。

そもそも50年間獣医学部が新設できなかったのは、文部科学省、獣医師会、政治家が結託して妨害してきたからだ。

他の学部は、不要であるにもかかわらず、続々と新設されていた。

情報提供者は、ビーチ前川と呼ばれる元文部科学省事務次官だと推測される。

推測する理由もきちんと書かれている。

この前川氏が、天下り斡旋によって辞めさせられたことや、出会い系バーに通っていたこともそっちのけで、まるで正義を貫く人みたいにでっち上げたのも朝日新聞だ。

他の新聞や、テレビ番組も朝日新聞が報じたことをそのまま流しているだけ。それでデマが拡散する。

印象操作をして安倍政権に不利になるように働きかけた。が、しかし、結果衆議院選挙の結果は、自民党の圧勝に終わった。

日本国民のメディアリテラシーは、捨てたもんじゃなかった。支持していた多くは若者層。

就職氷河期を終わらせた安倍政権に信頼を置いている。

情報収集もテレビの見ではなく、インターネットの情報も得て、朝日新聞報道のおかしいところに気が付いているのだろう。

情報弱者と言われる人たちが、いまだにテレビや新聞の情報を正しいものとして信じている。

ネットの情報が正しいとも限らない。

根拠を確認して、情報の真偽を判断できる思考力が必要になっていると思う。