Recent Posts
Join My Mailing List

一気に読める「戦争」の昭和史


一気に読める

「戦争」の昭和史

1937-1945

小川榮太郎 著

小川榮太郎さんの著作はいくつか拝読したのですが、いつも思うのが読みやすいという事です。

言葉が磨かれていて、しかも論理的に整然と書かれているので入ってきやすい。

文法のことも考えておられるのだろう。

「戦争」の昭和史

私もそう思います。明治、大正、昭和の時代、世界は戦争ばかりをしていました。

戦争を繰り返してきたのはそれ以前にもありました。確かに日本でも戦国時代を経て、平和な時代が訪れ続いていました。

日本が戦争に巻き込まれるようになったのは、近現代と呼ばれる時代でしょう。

「戦争反対」

大東亜戦争後、よく使われた言葉です。

戦争は反対ですが、しなければならないときがあると私は考えています。

もちろん、自衛のためです。

青山繁晴さんが例えとしてよく使うのですが、「泥棒が家に侵入してきたとき、どうしますか?」と。

もちろん撃退します。相手は「泥棒」だからです。

戦争も同じだと青山繁晴さんはおっしゃいます。私もそう思います。

では、大東亜戦争(第二次世界大戦)は、何のための戦争だったのでしょうか?

この疑問は、ぼくは子どものころからずっと疑問に思ってきたことでした。

疑問①

日本は、アメリカと戦争をする必要があったのか?

答え ありません

疑問②

ではなぜ、日本はアメリカと戦争をしたのか?

答え 売られた喧嘩だから

中2病のような答えですが、それが事実の様です。

当初の戦争目的は、ABCD包囲網により、石油の禁輸政策がとられたからです。

ハルノートを突き付けられたとき、日本は約8割の石油をアメリカから輸入していたそうです。

だから、アメリカ相手に戦争している場合ではなく、石油の確保のほうが優先課題です。

石油を取りに行けばいいわけですから、インドネシアあたりを取ってしまえばそれで終わりです。

当時はオランダの植民地ですから、オランダと戦争をするだけでした。

戦争は政治の一つですから、目的が明確であれば勝てるものです。少なくとも負けないようにすればよいのです。

当時の政治が良くなかったからこそ、悲しい結末を迎えることになったと思います。

二度と同じ過ちを繰り返さないためにも、歴史は正しく理解する必要を感じるのでした。