システム

指導形態:1対1個別指導

指導時間:16:00~24:00、1回30分~120分

対応科目:小中学生全科目、高校生英数国、物理、経済、その他相談

必要機材:タブレット推奨、スマートフォンやパソコンでも構いません。

【指導形態】

​ 大塚塾は、1対1の個別指導です。家庭教師をイメージしていただいてもいいかもしれません。ですが、お宅にはお邪魔しませんので、Web教師とでもいうべきでしょうか?

【指導時間】

 1回の指導時間は、30分~120分で設定できます。土日であれば、120分以上の時間設定でも構いません。また、開始時間の設定を遅くできる(23:00~など)ことも、このWeb講師のメリットかもしれません。ご依頼をいただくのは、部活動をしている遅い時間ご希望の方が多いです。

 学習効果を考えると、遅い時間の学習は、早い時間の学習に比べて効果が薄いといわれています。ですが、学んでいただくのは、「学習方法」がメインですので、指導時間の設定は大きな問題はありません。むしろ、遅い時間でも学習する意欲が素晴らしいです。

【対応科目】

小中学生は全科目、高校生は主要3科目と理系科目に対応しています。学習内容、学習方法、思考方法について少しずつ身につけていきましょう。

【必要機材】

 指導には、パソコンやタブレット、スマートフォンを使います。画面下にスライドショーがありますので、参考にされてみてください(遊び心が入っていますが)。

スカイプ、ラインなどの通信ができるアプリが使えればOKです。

 これまでの生徒たちを見ていると、成果を実感する定期テストや通知表に現れてくるのは、早い子で1ヶ月、平均すると数ヶ月ぐらいでした。

 時間がかかる子もいますが、半年ぐらいすると成績は上がってきます。成績が上がってくると、モチベーションも上がってきますので、自立学習にかなり近づきます。

 もちろん、わからない問題が出てくれば、どうしたら解決できるのかを一緒に学習します。慣れてくれば、予習の段階である程度はわかるようになります。分からない問題があれば、事前に画像で送ってもらっています。学校から送ってきたこともありました。忘れないうちに行動することは同感です。

 私にも予定がありますので、すぐに対応が出来るかどうかは別ですけど。

 分からない問題も、どこまで解けたのかを見せてもらえれば(ノート・問題の画像を送ってもらっています)、今後すべき課題も見えてきます。学習方法は人それぞれですので、どのタイミングで解決するかも一緒に考えていきます。

 調べることが必要なことであれば、教科書、問題集、ネットをどのようにつかって、どの情報が必要なのかは伝えます。調べ学習ですね。答えにたどり着く方法を身につけることができます。仕事でいえば、OJT(On  the  Job  Training)ですね。

 ただ、 調べただけではまだ、出来るようにはなっていません。自分の力で出来るようになるにはどのように練習するのかも併せて取り組みます。

 

 経験を積むことで、少しずつ子ども自身で出来ることが広がっていきます。出来る事が増えると、やる気は自然に出てきて、自分で次の目標を考えるようになります。行きたい進路を自分で考えるようになります。

タブレット推奨です
タブレット推奨です

スマートフォンでも構いませんが、タブレットやパソコンのほうが画面が大きく見やすいです。特に私が(笑) ゲームアプリは気にされないでください。ゲーマーなので…

press to zoom
Skype推奨です
Skype推奨です

ラインでもいいのですが、Skypeのほうが、音質、画質が良いようです。

press to zoom
英語予習ノート⑤
英語予習ノート⑤

学校の授業で習ってきたことを色ペンで書きこんだノートを作りましょう。 カラフルなノートは、記憶力が増します。 しかも、自分専用のノートです。嬉しくなります。 予習の次の授業は、復習からです。 授業が進んでいくと、復習から入ります。 訳が違っていたところの確認(新しい文法) 赤ペンで入れておくと確認の時に見やすいのと、記憶力が増します。 青は、説明に使うと良いです。自分で色のルールを作ると良いです。

press to zoom
タブレット推奨です
タブレット推奨です

スマートフォンでも構いませんが、タブレットやパソコンのほうが画面が大きく見やすいです。特に私が(笑) ゲームアプリは気にされないでください。ゲーマーなので…

press to zoom
1/10

​解説の様子(生徒の質問の返信です)

​ご覧のようにYoutubeで解説動画を作っています。何回でも復習できます。再生回数で何回ぐらい見たのかもわかりますし、Youtubeは結構便利です。