財務省が日本を滅ぼす(本)


三橋貴明 著

三橋貴明さん

話題の人ですねΣ(゚д゚lll)

ただ、三橋貴明さんの著書は良く拝読しているが、内容はとてもまっすぐで、事実に基づいた物ばかりだ。

ノンフィクションと言える。

論理的な思考力が養われる。

この人の経歴を知ると、実力があってここまで来た。

事件のこともあるが、作家としての実力とは関係がないと考えている。

三橋貴明さんは、偽善ではない愛国者だ。

これまで、データを使っていろいろなことを論評してきているが、バイアスはかかっていない。

同時に経営者としての視点もあるから、とても参考になる。

経済の動き、予想が的確。実際にそうなってくるし。

世の中に信用できる人は少ないものだが、そのなかの少ない人の一人だ。ただ、プライベートに課題を持っているというだけの事だろう。

さて、

問題は財務省だ。

このブログでも財務省の問題は取り上げてきたが、一番の問題点は、財務省があるために日本がデフレから立ち直れないということだ。

デフレになったのも財務省の仕業だ。

なぜ財務省が増税をしたがるのか? PB(プライマリーバランス)を大事にしているのか? メディアを牛耳れるのか? 政治家が操られるのか?

政治家が操られるのは、政治家自身の問題でもあるが(笑)

ただ、そんな強大な財務省に挑んでいる人がいる。安倍首相だ。

人事権を官邸に持ってきた。素晴らしいことだ。

少しずつ変わることを願っている。