中秋の名月


昨日は、若干曇っていましたが、お月様をきれいに見ることが出来ました。

というより、曇っていますが(笑)

子どものころ、毎年ではないが、ススキを取ってきて、まんじゅうを食べた記憶がある。なんだか懐かしいが、やはりお月様はきれいだなと思う。

さすがに、まんじゅうというわけにはいかなかったが、チーズケーキを食べた。

甘酸っぱくておいしい。

場所と時間を変えてみたが、そんなに変わらないΣ( ̄ロ ̄lll)

しばらくたってもう一度。

これで良しとするか(笑)

月と言えば、さまざまな謎が存在するのはご存じだろうか?

例えば、月は地球から裏側が見えない。月の自転周期と公転周期が同じであるため、同じ面を向けて公転しながら自転しているということだ。

なぜ、そうなったのかという事は「ジャイアントインパクト」説が有力だ。

ジャイアントインパクト説というのは、火星ほどの大きさの天体が、初期の地球に衝突して、ちぎれた部分が月になったという事だ。

月の成分の調査の結果は、肯定的な物だった。

だが、私が疑問に思うのは、木星の衛星である、イオやエウロパなどのガリレオ衛星も、自転周期と公転周期が同じだ。

木星は、ガス惑星だから、ちぎれる部分がないはず。ネットで調べてみたが、その疑問に答えている情報はなかった。

謎の一つとして、楽しみにしておくことにする。